神尾りさ

Risa Kamio

世界とつながる世田谷へ

Let's Connect Setagaya with the World

子育て、教育グローバル化、私が世田谷の未来を変えます!

人と人が出会い
つながり分かりあう
世界とつながる世田谷へ


インターネットやSNSが普及する今だからこそ、
人と人の「絆」の大切さを感じます。
そして人、人、人が集まってできるコミュニティ。
百人いれば、百通りの個性があり、生活があり、願いがある。
ひとりひとりの思いに寄り添い、
生活に根ざした政策を実現させる仕事をしたい。
幼少期は、病気との戦いの日々でした。
母をはじめとする家族や友人には、
たくさん支えてもらいました。
人は一人では生きられないことを実感し、
社会に貢献したいと強く思うようになりました。
生まれ育った世田谷から、アメリカ、ポーランド、
ボスニア・ヘルツェゴヴィナでの海外生活を経て、
日本を世界から見てきた経験を
世田谷の政策提言に活かします!

取り組みたい課題

1. 災害に強い街、世田谷へ

的確に情報を発信し、地域の防災力を高めます!
  • 全区民参加型避難訓練の実施
  • 耐震化推進
  • 高齢者や子育て世代(母子避難所含む)
  • ペットの避難所改善
  • 小中学校での防災授業の定期的実施など

2. のびのび子どもが育つ街、世田谷へ

多様な子育てのサービスを取り入れ、安心な子育てを推進します!
  • 保育施設の数と質の改善
  • 放課後の子どもの居場所の充実
  • 障害福祉サービスの充実
  • 里親・養子制度の普及
  • 不妊治療支援
  • 子どもと高齢者などが集えるコミュニティを支援
  • 公園にカフェを誘致など

3. 経済成長の街、世田谷へ

世田谷のブランド力を内外に発信し、経済成長につなげる街づくりを推進します!
  • 公共無線LAN整備
  • イベントをきっかけとした商店街や地域の活性化
  • 空き店舗や空き地の有効活用
  • サービス商業の国際標準化
  • 宿泊施設と健全な民泊の普及による地域の活性化
  • 産官学の連携による「世田谷ブランド」の開発と海外発信
  • 若者、女性、高齢者の開業支援など

4. 年をとることを誇れる街、世田谷へ

健康寿命をのばし、高齢化社会のモデルになる街を目指します!
  • 健康寿命をのばすための機会づくり
  • 高齢者の社会参加と地域による支援事業
  • 介護者向けリフレッシュ制度の充実
  • ヴィンテージマンション推進など

5. 国際都市、世田谷へ

国際的に活躍する人材育成と、外国人に対応した環境整備を推進します!
  • ICTを利用したスマートシティ型街づくり
  • グローバル教育の推進、国内外の優良企業の誘致
  • 地域の魅力や伝統文化に誇りをもち発信できる人材の育成
  • 区内小中学校の海外姉妹校提携推進
  • 外国人との共生と交流事業など

実際の活動 / 提案

活動報告

❒ 企画総務領域

台風19号の被災を教訓とした対策

区長はリーダーシップを発揮し、自助や共助の視点を含めた備えを区民に啓発すべき。

→議会の指摘を踏まえ、災害対策を根本的に見直し対応を進める。

本庁舎整備

区民にとって魅力的な交流スペースや屋上緑化、レストラン整備などに取り組むべき。
→庁舎整備部長:レストラン事業者の選定などを含め検討を進める。

ホストタウン事業の認知度向上

東京2020大会へのオール世田谷の体制を強化し、ホストタウンや共生社会ホストタウンの取り組みの認知度向上に尽力すべき。
→ホストタウンロゴの活用促進などに取り組んでいく。

東京2020大会のホストタウン事業を大会後に継承するための展望を示せ

答弁:子どもが多文化を理解して成長する活力ある世田谷を目指す。

❒ 福祉領域

「待機児童ゼロ実現」

保育施設整備に加え、認可外保育の保護者負担を軽減し、待機児童ゼロに向けてすべての施策を実施すべき。
→答弁:令和3年4月の入園申し込みに間に合うよう早急に検討し、準備を進める。

預かり保育拡充

親の働き方に柔軟に対応し、待機児童減少を実現するために、区内幼稚園に預かり保育拡充を積極的に働きかけるべき。
→副区長:私立幼稚園などと個別に丁寧な協議を進め、拡充に努める。

児童相談所設置後の展望

虐待の連鎖を断つ総合的な支援のために、予防型支援や治療アプローチなどに取り組むべき。
→区長:根本的な解決に向け、治療アプローチなども積極的に研究する。

❒ 区民生活領域

国際交流員制度の導入

外国人ならではの視点を区の施策に活かすため、国際交流員制度を導入すべき。
→答弁:他自治体の活用事例を参考に関係所管で意見交換し研究する。

ボランティア制度の拡充

「おたがいさまbank」を改善し、ボランティアを十分に活用するための仕組みを構築すべき。
→答弁:使いやすい仕組みへと改善を図り、活動機会の充実につなげる。

シクロポリタンの活用

環境配慮型タクシーのシクロポリタンを活用し、イベントや観光、地域活性化などに利用すべき。
→答弁:まちなか観光のより一層の推進に向けて、長期的な利用について検討していく。

多文化共生社会の実現

多文化共生社会実現のため、町会や自治会などへの参加を含めた地域活動への参加を促すべき。
→答弁:外国人の支援について課題を整理し、調査などを通じて多文化共生の実現に取り組んでいく。

大蔵運動場・大蔵第二運動場の将来的展望

全国や海外からの選手が出場する規模のスポーツ大会の誘致や、先導的共生社会ホストタウンとして障害者スポーツ全国大会など実施すべき。
→答弁:キャンプで得た経験やノウハウを生かしながら、全国レベルのスポーツ大会や障害者スポーツ大会の実施等について検討していく。

❒ 都市整備領域

三軒茶屋と下北沢をつなぐヴィジョン

二つの拠点を囲み位置付けられた「文化創造の軸」を意識し、まちのさらなる魅力向上のための取り組みを強化すべき。
→答弁:両拠点間の回遊性を高め、互いの魅力向上に向けて取り組む。

マンションの耐震化

耐震化が進んでいないマンションの個別の事例を検証し、まずは耐震診断を終えたマンションの耐震工事を推進すべき。
→答弁:助成金を利用した補強設計が可能となるよう、丁寧に説明し、耐震改修工事につながるよう粘り強く対応する。

家具転倒防止器具の利用促進

区営住宅での家具転倒防止器具であいた穴の現状回復は必要ないことを周知し、利用を促進すべき。
→答弁:現状回復を要さない旨の周知、説明を行い、民間住宅関係団体等へも周知していく。

❒ 文教領域

将来を見据えた教育への投資

区の将来を担う人材の育成に向け、教育への予算配分を増やすべき。
→区長:最善の教育環境を整えるために必要な予算を確保していく。

教育プログラムの拡充

ICT教育、国際社会への理解、地域レベルでの共生を目指したプログラムを強化すべき。
→答弁:新しい学習指導要領では、研究テーマや研究校を拡大するなど、区全体の教育の質の向上に向けて柔軟かつスピード感をもって取り組む。

池之上小学校耐震化に伴う真摯な対応

遠方の旧北沢小校舎への通学を余儀なくされる児童、保護者に対し、教育長は自ら説明会に出席し、真摯に向き合うべき
→教育長:説明会に出席し、みずから説明させてもらいたい。

プロフィール

10月19日世田谷生まれ
家族:夫、息子

■教育/学歴
1988 コドモの園幼稚園(世田谷区) 卒園
2000 聖心女子学院初・中・高等科 卒業
2004 聖心女子大学 文学部 外国語外国文学科 英語英文学部卒業

■職歴
2004 米国メリーランド州小学校 日本語教師(インターンシップ)
2005-2008 ジャパン・トラベラーズ・サービス
2008-2018 日米協会ワシントンDC 教育プログラムディレクター
2018-現在 一般社団法人日本国際教育協会 専務理事
2019-現在 世田谷区議会議員
  会派:  「Setagaya あらた」副幹事長
  委員会:「都市整備委員」副委員長
      「オリンピック・パラリンピック等特別委員会」委員

■その他実績
世田谷区ホストタウンロゴ選定委員会 副委員長
世田谷インクルージョン・フェスティバル実行委員
世田谷・米国アーリントン野球交流推進委員会 委員長
きらり☆きたざわinタウンホール実行委員
都立園芸高校(世田谷区)・アーリントンキャリア高校(米国)姉妹校提携に尽力
世界をつなぐ「桜咲く音頭」作詞
エッセー「100% Happy Life」出版
絵本「シドモアさんと百年の夢」著者
世田谷区被災動物ボランティア

■その他プロフィール
趣味 ジャズダンス、チェロ、カラオケ、温泉めぐり

好きな言葉
「志あるところに道あり」Where there is a will, there is a way

好きな食べ物
野菜全般(特にキノコ類)、チョコレート、カフェラテ、アイスクリーム

尊敬する人 マザーテレサ、母

Risa Kamio Profile

Born: Setagaya, Japan
Education:University of the Sacred Heart, Tokyo, Japan
Employment:
–Japanese language teacher, Maryland Public Schools, USA (2004-2005)
–Educational Travel Coordinator at Japan Travelers Service, America Information Service, USA (2006-2008)
–Director of Educational Programs at The Japan-America Society of Washington DC, USA (2008-2018)
–Executive Director at Japan Global Education (2018-Present)
–Setagaya City Council Member (2019-Present)

お問い合わせ

Scroll UpScroll Up